夏休み!沖縄へ旅行に行こう!

なぜ沖縄がおすすめなの?

沖縄は日本国内ですが、海に囲まれていて南国のリゾート地にいるような気分に浸れます。海外旅行だと、日本語が使えず不便だったり飛行機やホテルにお金がかかったりしますよね。海外リゾート地に行きたいけれど、言語や治安が不安だしお金もかけたくない・・・そんな人におすすめなのが沖縄です。

もちろん観光地ですので、楽しいツアーや企画もたくさんあります。そして、何より海がとても美しいです。海の見えるホテルもたくさんあり、ぜいたくな気分を味わうことができます。また、高速道路が整備されているので、縦に長い沖縄本島も、レンタカーがあれば自由に行き来することができて、すみずみまで楽しむことができますよ。

沖縄のおすすめスポット!

沖縄と言えば、まず有名なのが美ら海水族館です。名前を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?非常に規模の大きい水族館で、この中だけでも一日つぶせるほどのボリュームがあります。沖縄ならではの魚もたくさんいるので、一度は行っておいた方が良いスポットです。

また、那覇空港からモノレールで15分ほどのところにある、国際通りもおすすめです。約1.6kmもある通りで、土産屋や食事処などが充実しているので、帰り際に立ち寄るといいかもしれません。夜は治安が良くない場所もあるので、子連れの人は昼間に行きましょう。

夏休みは、日本のリゾート地である沖縄で、楽しい時間を過ごしてみませんか?

冬になったら富山のタビマスターズでいつもより刺激的な時を過ごそう。

北海道へフェリーに乗って

家族で訪れた北海道旅行

両親と姉弟三人で、北海道へ旅行したことがあります。まだ結婚する前のことでした。妹は大学生、弟は高校生でした。

恐らく、私が結婚間近だったので、最後の家族旅行になるだろうと、両親は考えたのかもしれません。父が運転する車で、北海道まではフェリーを使いました。車ごと船に乗る体験は初めてでしたから、新鮮な感動を覚えました。

季節は夏でしたが、小雨まじりで海が灰色だったことを覚えています。出港したのは夕方でしたから、たちまち黒く染まりました。楽しい家族旅行というより、センチメンタルな感傷旅行になりそうな予感がしました。

初めての旭川は遠くて広大

北海道に到着した後は、ひたすら旭川を目指しました。そこに母方の親戚が住んでいたからです。父は延々と車を運転し続けました。地平線は長く延び続けて、どこまでも田園風景が続きます。北海道の広さ、大きさを痛感しました。久しぶりに会った親戚と、母は数十年ぶりに再会したそうです。どちらも、涙を流さんばかりに手を取り合い、また会えたことを喜んでいました。

その後、札幌や函館を巡り、いくつかの温泉を泊まり歩いた後に、帰りのフェリーに乗りました。往路の予感は的中し、復路の船上はしんみりとしていました。母は、すっかり年老いていた親戚と、これが最後になると覚悟をしていたようでした。

ここから美作市に精通しているタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。

個人旅行やフリータイムに楽しめるオプショナルツアー

オプショナルツアーの参加料金

海外には数多くのオプショナルツアーが販売されています。旅行会社が販売しているツアーでほとんどの有名観光スポットに行けますが、ツアーに入っていない観光スポットに訪れたい、また、アクティビティを体験したい時にはオプショナルツアーに申込む事が出来ます。オプショナルツアーは国や目的から探す事が出来るのでフリープランの多いツアーや個人旅行でオプショナルツアーを利用するといいでしょう。料金は種類によって異なりますが、昼食付きで1万円以下で参加できるオプショナルツアーが多数あります。他にも映画やロケ地を訪れたり、ショーやエンターテイメントなども人気です。

オプショナルツアーの種類

オプショナルツアーの中でもゴルフやディナークルーズの料金は高めです。豪華クルーズのディナー付きオプショナルサービスは3万円近くしますが、セレブな時間を過ごせます。日本の豪華クルーズより安い料金で参加できるディナークルーズもあるので、ハネムーンや記念日などカップルの旅行で予約を入れるといいでしょう。また、カップルにはウェディングのオプショナルツアーもお勧めです。衣装や撮影、メイク込みで10万円以下で販売されており、日本のウェデイングよりも安い料金で申込めますし、結婚式は挙げないけど、記念だけ残しておきたいカップルに人気です。

春になったら北九州市で話題のタビマスターズを探して旅に出よう。

新婚旅行としてお勧めできるハワイ

ハワイは観光地としてパーフェクト

新婚旅行としてお勧めできる旅行先としては、ハワイです。ハワイは観光地として、極めて良いところです。日本人がいく海外の場所としてはパーフェクトといってもよいくらいです。何故かといいますと治安が良いからです。日本ほど、ということではありませんが、それでも日本人観光客に対して非常に好意的であり、場合によっては簡単な日本語を話すことが出来る人もいます。商売上、そうしたところがあり、意外と簡単に観光できるようになっています。交通網がそこまでしっかりしているわけではないですが、車を借りたりすることはできます。

新婚旅行でのお土産について

新婚旅行でのお土産というのは、色々と拘るべきであるといえます。旅行する為にそれなりに人に迷惑をかけています。何しろ、それなりの日数、旅行に行く人が多いからです。ですから、そのお詫び、お礼も含めて、それなりのものを贈るのが基本です。そのあたりのことで、意外と印象が変わって来ることになります。少なくとも帰ってきたら、浮かれているのはやめたほうがよいです。甘い密のような時間は終わった、ということを認識するべきです。新婚旅行はハネムーンといいますが、これはハニームーンという言葉が誤って伝わった言葉です。要するに蜜月の期間です。その期間の旅行なわけです。

夏になったら玉名行きのタビマスターズを探して旅行へ出かけよう。

日本からすぐいける台湾の旅

飛行機に乗ってすぐ海外へ到着?!

「海外」と聞くと、飛行機に乗って何時間もかかっていくところと思われる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな「海外」、日本から近い国があります。それは、「台湾」です。東京から3時間ちょっと、沖縄からだと1時間で台湾へ到着します。台湾は、世界的にも親日家で知られており、台湾人の多くは日本へ何度も訪れ、よく日本のことをご存知ですし、私たちが日本人と知ると優しく接してくれる国です。旅行で道に迷った時も、声をかけてくれて道を教えてくれたり、たまに目的地までついてくれることがあり、旅行者にはとても優しい国になっています。

お財布にも?!優しい台湾。

台湾人は優しい人が多いことを先ほど述べましたが、実は台湾の物価は日本の三分の一ほどなのです。特に、朝昼晩のお食事代は1000円もしません。また、観光地でも無料で見られるところもありかなりお財布に優しいとも言えます。また、歩いているとたいていの所ではごはん屋さんがあり、しかもお安い!なので、観光していて歩いてて疲れててお腹が空いていてもごはん屋さんがすぐ見つかるのでそこに入ってみましょう。漢字がわからなくても店員さんが優しく教えてくれたり、少し英語がわかる人が多いですので質問すると答えてくれます。財布にも優しい台湾へぜひ訪れてみるのはいかがでしょうか。

こちらのサイトから弘前に精通しているタビマスターズを見つけて旅行に行こう

海外旅行の方法について

楽に行けるパッケージ旅行

海外旅行に行くにはいくつか方法があります。1つはパッケージ旅行です。この場合では航空券からホテル、場合によっては観光地巡りや食事をする場所やホテルまで全て決まっている事もあります。長所としては慣れない土地に行くのであれば、いろいろ悩まなくて済むので非常に楽であるという事が言えます。また治安が悪いと言われているような所でもガイドが安全に案内してくれるので、安心して旅行を楽しむことが出来ます。現地での移動手段に悩まなくて良いので時間を無駄にする事なく旅を楽しむことが出来ます。あまりポピュラーでない場所であれば有意義な方法です。

自由度の高い個人旅行

個人で時間などにとらわれることなく自由に動きたい場合は個人旅行という方法もあります。この場合では格安の航空券で出来るだけ現地に安く訪れる事が出来たり、非常に安い金額でホテルに泊まったりする事も出来ます。食事も観光客が行くような場所ではなくて現地の人が行くような場所で楽しむ事も出来ます。こういった手続きは全て個人で好きなように出来るので、金額や時間が許せば思い通りの計画を立てる事も出来ます。個人で行く場合のガイドブックや格安航空券を販売しているところなどの旅行会社もたくさんあります。計画は注意事項をきちんと守って組んで行く事が大事です。

こちらのサイトから埼玉の一部で話題のタビマスターズを発見して旅行を楽しもう。

青春18きっぷでの電車旅

童心に戻ることができる電車での旅

青春18きっぷを使われたことはありますか?一回2370円で全国JRの普通電車に乗ることが出来るきっぷで11850円で買うことが出来るきっぷです。名古屋から東京へ向かう時に時々使うことがありますが、片道5時間強の旅になります。バスとは違い乗り継ぎを幾らかすることになるのですが、その度に「ホームがここでよかったのかな」とか「いい景色だな」など不安や好奇心にかられることがあります。まるで小さい頃のお使いのようなワクワクとした感覚を電車に揺られながら思い出すのです。新幹線では味わえない旅を味わいたいのなら、一度青春18きっぷでの旅をお試しあれ。

夜行バスでの旅について

青春18きっぷと別に夜行バスでの旅も何度か経験したことがあります。中々乗車する席や会社によって当たり外れがあるといわれていますが、個人的には嫌いではありません。大体毛布を支給してくれますが、バス会社によっては無料でアイマスクを支給してくれたり座席の辺りに外からの光が入らないよう周りや窓にシートを被せてくれているところもあります。それでも腰掛の姿勢で完全に寝付くことは人によっては困難なのかもしれません。しかし目覚めた時にシートで隠された窓から洩れる朝日は旅先が近くなっているという期待と想いに胸を躍らせるものです。少しだけ興味があるのでしたら、夜行バスでの旅も考えてみてはどうでしょうか。

ここから栃木行きのタビマスターズを探して旅行に行こう。